2009年08月23日

完璧な歌詞。

YouTubeをぶらぶらしていたら、偶然に近い形で懐かしい曲にたどり着いた。

その曲は『日影の忍者勝彦』

俺個人は、ラジオが好きで、ダウンタウンの松っちゃんと、構成作家の高須の番組『放送室』がCD化されたのを買って、聞いたりしてたのだが、その中で収録されていたのを思いだした。

そのCDで聞いた時も思ったのだが、あらためて聞いてみて、これぞ、

『完璧に出来た歌詞じゃないのか!?』

っと思ってしまった。
って、わけで載せてみる。



日影の忍者勝彦
歌手:日影の忍者勝彦オールスターズ
作詞:松本人志
作曲:増田俊郎


日影の里からやってきた ワンダフルな忍者勝彦
忍法不足のメガポリス ロン毛も茶髪も忍法不足
なのに国会 煙幕だらけ ミネ打ち ミネ金 ミメ政治
だから来たのだ だから来たのだ 勝彦が

お世話になってる橋本家 西日暮里の西の西

そこの坊ちゃん 俺の友達 マモル雲斎 「友達 ちゃうわ!」
俺の妹 GLAY 大好き 妹 忍 「GLAY!」
困ったときの相談役 アメ入道とムチ入道
「アカン」「カメヘン」「アカン」「カメヘン
」にっちもさっちもどうにも 猫忍 「ニャー!」

伊賀も甲賀も腹出てる 一人で六品 食うからや
抜き足 差し足 忍び足 外反母趾やし
「幸せかい? それとも微幸せかい? 擬幸せじゃないのかい?」
いまだ! 半生手裏剣! そこだ! 忍法幼児体型の術!カッ カッ カッ カッ 勝彦
カッ カッ カッ カッ 勝彦
日影の忍者 勝彦
ズボンに巻き付くイカこども
「痛いほどに決まったで○☆*♪……」


日影の里立 大学出 インテリ忍者勝彦
俺の好物 シシカバブー 彼女は くの女 の2年生
日向の巻き物手に入れて 早くなりたい照彦に
だから来たのだ だから来たのだ 勝彦で

お世話になってる橋本家 中流家庭の中の中
そこの坊ちゃん マモル雲斎 中の下「どつくぞ!」
俺の妹 乳の谷なし 妹忍 「また言うたー!」
何から何まで正反対 アメ入道と ムチ入道
「ファミレスやテンション上がるわ」「下がるわ」
びっくりするほどなつかない 猫忍 「フー!」

青春時代と云うけれど 青い春などありゃしない
ケツが青いと云うけれど 青いケツはある
楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽 楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽
楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽 楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽
(ララララ〜)
「日ノってるかい? 仏ノってるかい? 米ノってるわけじゃないんだね?」
いくぞ! 六分の二 隠れ
いやだ ! 髪の毛引っ張り回されたら
カッ カッ カッ カッ 勝彦
カッ カッ カッ カッ 勝彦
日影の忍者 勝彦
土日は巻き付くイカこども
「週末はなんか寂しかったで○☆*♪……」


なんでも『エキセントリック少年ボウイ』とは違ってこっちは全然売れなかったそうである。

どうも信じらない。
これが売れなかったので、次がなくなってしまったそうだ。
どうも残念でならない。
これが売れていて、その次にどんなすごいものが発表されたのかと思うとね……。


まあ、聞いてください。




ついでにこっちも。



posted by ニトウリュウ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126323612

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。